今以上のアクセス数を希望する方にオススメのコンテンツをご用意。

数あるサイトの中から自分のサイトを選んで貰うための秘訣、テクニックをご紹介します。

検索エンジン上位表示でより目立つサイトに!

目立つサイトになることでアクセス率アップ!

価値のあるコンテンツ配置でリピーター増!


SEO本来の目的を忘れずに

SEO対策をホームページを施すことに夢中になっていると忘れがちになりやすいのですが、SEOとは本来アクセスアップへと繋げるための手法であってアクセスアップそのものが本来の目的ではありません。このページではSEO本来の意味、目的と今後のSEOについてご説明します。

目的と手段をはき違えずに

上記の通りSEOはあくまでもアクセスアップのためのきっかけであって、SEOをサイトに施したからと言って必ずしもアクセスアップ、検索上位表示を確実に実現するための方法というワケではありません。実際に検索上位に表示されて一時期アクセスアップが見込めても、サイトの更新もせず、コンテンツの充実も図らないサイトをアクセスし続けるユーザーはいませんし、サイト内のコンテンツ自体に魅力がなければ新しく閲覧者を引っ張ってくることもできません。コンテンツに魅力がなければテーマ、キーワードと関係性のあるサイトに自サイトのアドレスを貼って貰うことも難しくなりますし、クローラーのこと以外何の配慮もないサイトの作りでは人は見向きもしません。対クローラーのみを目的としたサイトはスパムとして判定されるようになっている昨今のアルゴリズムを前にして、クローラーを第一に考えたサイト作りは厳禁です。

SEOは本来、クローラーにサイトで扱っている情報、つまりメインテーマやキーワード、コンテンツの内容などを正確・的確に判断してもらうために施すものであって、検索上位及びアクセスアップに必須なテクニック・ノウハウではありません。あくまでも検索上位になりやすくするための手法であってそれ自体を目的とせず、最終的な目標は人にアクセスして貰うための足がかりとしての手段なのです。

ホームページはクローラーのために立ち上げるモノではなく、人に見て貰うために立ち上げるモノ。すなわち、閲覧者への配慮が欠けたサイトというのはどれだけSEOを施してもどこかで必ずほころびが生じ、恒久的なアクセス数の獲得や検索結果上位表示の維持は不可能となります。人が人を相手にしたサイトを作るのですから、当然ユーザーが求めるコンテンツをなるべく見やすく配置するようにし、いつまでも同じコンテンツのままではなく定期的にコンテンツを更新して目当たらしい情報の発信を心掛け、利用価値の高いサイトへと昇華することが必要となるのです。SEOという手段を用いずとも多くのアクセス数と高い検索順位を維持しているサイトが数多くあることからSEOが絶対でないことは実証済みで、需要の高いサイトのみが生き残る仕組みなのです。一時的なアクセスアップ・検索結果上位に満足することなく、サイトの質を高めつづけることが本当の意味でのSEO、と言えるかもしれません。