今以上のアクセス数を希望する方にオススメのコンテンツをご用意。

数あるサイトの中から自分のサイトを選んで貰うための秘訣、テクニックをご紹介します。

検索エンジン上位表示でより目立つサイトに!

目立つサイトになることでアクセス率アップ!

価値のあるコンテンツ配置でリピーター増!


リンクポピュラリティのチェック

SEOに触れたことがない人にとって”リンクポピュラリティ”という単語からどういうSEOをすればいいのか判断するのは少し難しいでしょう。リンクポピュラリティとは自分のサイト(アドレスorドメイン)へと繋がっている外部リンクの数とそのリンクの質によって決定するクローラーの評価項目で、リンクポピュラリティを高くすることに力を入れるだけでも上位表示にすることが可能なクローラーもあると言われる程、SEOにおいては重要な位置づけとなっています。このページではこのリンクポピュラリティの概要と効果上昇方法についてご説明します。

関係性のあるサイトにリンクを貼って貰うことでリンク価値を高める

上記説明でリンクポピュラリティを「自サイトへと飛ぶ設定になっているリンクの数と質」と説明しましたが、これは単純に自サイトへと飛ぶリンクを他のサイト(ドメイン)から飛ぶように設定するだけでは意味がありません。確かに他のサイトに自サイトのリンクを貼って貰うことでリンクポピュラリティは変化しますが、それがプラスとして評価されるのかマイナスとして評価されるのかは自サイトのリンクが貼られたサイトに影響されるため、単純に外部からのリンクを増やすだけでは充分な効果を得ることはできません。

リンクポピュラリティを効果的に高める方法、それは自サイトのテーマ、キーワードと関連性の強いサイトに自サイトのアドレスを貼って貰うことです。こうすることにより、クローラーは関係性の高いサイトとの繋がりがあると認識し、そのリンク質が高くかつ多ければ多いほどリンクポピュラリティの項目を高く評価してくれます。具体例では相互リンクが一番分かりやすいでしょう。例えば家庭教師のサイトの場合、塾・勉強といったキーワードを多く含むサイトから自サイトに飛ぶように設定されていれば関係性が高いと評価するといった具合です。なるべくテーマとキーワードに関係があるサイトと相互リンクを結び、その数を多くすることで自然とリンクポピュラリティは高くなります。逆にまったく関係のないサイトからのリンクで、かつ数ばかり揃えていると「リンク効果のみを目的とした不適切なリンク設定」と認識され、スパム行為としてペナルティを受ける場合もあるので注意が必要です。どうせリンクを貼るのなら、ちゃんと意味と価値があるものにしておきましょう。