今以上のアクセス数を希望する方にオススメのコンテンツをご用意。

数あるサイトの中から自分のサイトを選んで貰うための秘訣、テクニックをご紹介します。

検索エンジン上位表示でより目立つサイトに!

目立つサイトになることでアクセス率アップ!

価値のあるコンテンツ配置でリピーター増!


情報の整理と簡素化

ホームページにおけるメインテーマとキーワードが重要なことはすでに説明しましたが、サイトに訪れた人がこのテーマとキーワードを判断できないような雑多な情報の公開は返って逆効果になる可能性が高くなります。このページでは、サイト上で公開する情報の整理と簡素化についてご説明します。

重く、扱いにくいサイトはクローラーも避ける

サイトのデザインにもよりますが、一ページ当たりに使用する画像が多ければ多いほどページを開く速度が遅くなります。もちろんこれは回線の早さにも左右されますが、全てのネットユーザーに配慮するサイト作りを目指すのであれば、利用しやすく軽いサイトを作るようにするのは大変意義のあることです。細かい部分になりますが、一ページあたりに使用する画像を極力抑えたり内部ソースを軽くするために外部CSSでデザインを指定するなどソースの軽量化が見込める方法はいくつかありますので、ユーザビリティの面から考えて公開している情報及びソースの軽量化を図るのもSEOにおける一つの方法として実践すべきだと思います。

ソース及び情報の整理をすることで見やすく感じるのはユーザーだけでなくクローラーも同様で、どこにどういった内容のコンテンツがあるのか、メタタグなどにサイトの内容を記述したり重要なキーワードを強調させるなど「何が重要な要素か」「どういった内容か」を明確にしておくことでクローラーがそのページの情報を読みとりやすくなり、結果として良い評価を得ることが可能となります。ページ内の情報がきちんと整理されておらず、キーワードの配置もバラバラでソースもエラーばかり、キーワードと関係のある単語以外に強調表現が使われていて見出しタグすら使われていないといった非常に見にくいページの場合、クローラーがページの一番下まで言ってページ情報を読みとるまでに時間がかかってしまい、結局全てのページをきちんと情報収集しないまま別のサイトを巡回するという非常に非効率な事態に陥ってしまいます。

ページ内の情報を整理する一番の理由は閲覧者が利用しやすいページの形態にするためですが、クローラーが好むページ構成にするためにもページ内でどのキーワードが重要か分かりやすいように見出しタグで囲んだり、メタタグを<head>タグに挿入してページ内容の補足情報を読み込ませたり、テキスト内に含まれるキーワードを意識してサイトのメインテーマと関係性の高いものを使用するといった細かいSEOの配慮も重要になってきます。