今以上のアクセス数を希望する方にオススメのコンテンツをご用意。

数あるサイトの中から自分のサイトを選んで貰うための秘訣、テクニックをご紹介します。

検索エンジン上位表示でより目立つサイトに!

目立つサイトになることでアクセス率アップ!

価値のあるコンテンツ配置でリピーター増!


サイト巡回用ロボット【クローラー】

yahooやMSNなどの有名な検索エンジンなどを利用していると気づくかと思いますが、全ての検索エンジンの結果表示(サイトの順位)にはどれも違いが見られます。これは、各検索エンジンが搭載しているロボット、クローラーの特性が違うためです。クローラーとは一定周期でweb上にあるサイトを巡回し、そのサイトの情報を集めてデータベースに登録するという作業を行う解析アルゴリズムのことです。このページではクローラーが担っている役割と特徴についてご説明します。

クローラーがデータベースに登録する法則

各クローラーはそれぞれサイトにおいて重要視する部分が違うためにデータベースに登録して順位をつける法則にも違いが見られます。そのため、それぞれの検索エンジンで表示されるサイトの順位もバラバラです。仮に検索エンジンのクローラーがどういった点を重要視しているのか、サイトの解析方法さえ分かってしまえば簡単にSEO対策を施すことができますが、その法則が知れ渡ってしまうと任意にサイトの順位を変動させることができるため、yahoo・google・MSNなどの企業は解析アルゴリズムの情報を一般に公開することはまずありません。

検索エンジンがチェックするサイト情報

サイト情報を収集する目的でweb上を巡回しているクローラーですが、重要視している箇所が正確に判断できないとは言えおおよその検討をつけることは可能です。SEO企業が増えつつある現在では、yahooやgoogleであればある程度上位に持ってくる技術も確立されつつあるそうですが、この技術も結局は解析アルゴリズムが新しくなった時点で通用しなくなる可能性が高いので、「確実に順位が上がる方法」、「永遠に通用するSEO」というのは存在しない、というのが基本的な考え方です。

しかし、解析アルゴリズムが新しくなったからと言って今まで行ってきたSEOがまったくの無駄になるということはありません。SEOの基本とも言うべきタイトル要素やキーワードの調整、外部リンク・内部リンクによる被リンク効果などはアルゴリズムの更新が行われてもマイナス要因となることはないとされているため、SEOとしてまず最初に手をつける場所として知られています。クローラーの情報に右往左往する前に、まず基本となるSEO調整箇所について把握しておきましょう。